2017年2月アーカイブ

かかとのトラブル

寒いのもあってカカトががさがさです。
かかとに角質がたまってガサガサになる原因は、主に「外的刺激」と「乾燥」の2つが考えられます。

かかとのもっとも外側にある皮膚は、角質細胞と細胞間脂質(セラミド)からなる「角質層」といいます。
角質層は、歩くたびに体重がかかったり、夏場には裸足やサンダルで過ごすことで紫外線の影響を受けたりと、
日々、外からの刺激を受け続けていて(そう??)、
そrっでトラブルが発生するんですよね。

外的刺激によって角質層のセラミドや保湿因子が不足して、
細胞間に水分が行き渡らなくなると乾燥して荒れた状態になって、
それで角化症を引き起こすんだけど、

結局は「保湿しなさい」で終わり。

してるってばーーー!

じゃ歩きもせず靴もはかずにいたらよくなるのか?
そんなことできるわけないし。
無理があるよねー。

でも、出来ることは「保湿」なのだな。、、、(分かってはうるのだ)。。。
ということで、頑張るか。。。

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。