シーツ

ベッドのシーツ類を全部洗った派いいけど、雨で干す場所がなくて家の中に干すはめに。
それはいいけど、シーツがあちこちにぶら下がっててなんだか楽しかったのです。
子供の頃に戻った感じだ。
お客さんがこないのがなによりですな。

外に干したら気持ちがいいのだけどしょうがない。
出は子供のころのあの楽しさをどうして思い出したんだろう?
子供の頃のあの楽しさって、外でも家のなかでもそういうシーツなんかがブラ下がっていたら、
その間をぬってかけっこしたりとね、そういうのが楽しかったんだよね。
それを今になって思い出してるというわけです。

しーつじゃなくてもいいけど、なぜか今回はシーツですごくその記憶がよみがえってきた。
でもいつまでも干しておけないので、もちろん乾けば畳むし、
いつかは片づけなくてはいけない。

でもなんだかそういう、お客が来たらはずかしいなっていう、そいう家のなかの状態が心地いいのです。
生活してるいじょうそういうことはあるだろうけど、なんだか年をとったのか
こういうことが幸せだなー、って思えるまでになりました。
こういう日常って大事ですよねー。

いつまでも平和が続きますように!
なによりですね。

このブログ記事について

このページは、しんのすけが2017年7月 1日 05:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やる気はあるのか?」です。

次のブログ記事は「寒い!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。