ヨガして腰をいためた人

ヨガしてて、「ぜんかいのよがで腰が痛くなりまして」ってインストラクターに訴えてる人がいました。
そんなこと言われても、、、笑、、、じゃもうやめたら??
なーんてのは冗談ですけど、腰痛くなったのはヨガのせいじゃないです、
やり方がいけなかったんでは?

インストラクターもその堂々たる苦情(?)に苦笑いしてました。
だって先生のせいじゃないもーーん。

腰が痛くなったのなら痛くならないようなポーズをしなくてはいけないので、
先生も気を使いながらのクラスになりましたが、
その本人は「おいおい、そこまでやったらそれは痛くなるでほー」的な動きをしてるんです。
荒れはダメだ。。

どうしてそんなに頑張るのか。
うまくなりたいから?
でも痛いんでしょ?

ヨガはそもそもいたみをやわらげる効果があるっていうのに、なんということだ。
しかも、それでもヨガはやるし、くれーむかい、、、。

ヨガがすきなのはわかるけど、まちがえた考えでやると誤解を招くし、
それ、そもそもおかしいですから。
いったんお休みして腰の調子みてから来たらいいのでは?
他の人も気遣ってて、、、そんな緊張したクラスなんか受けたくなーーい。

このブログ記事について

このページは、しんのすけが2018年7月 1日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「言いたいことはある?」です。

次のブログ記事は「マッサージの予約」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。